誰に相談すべきか

誰に相談すべきか

Pocket

相続問題の相談先としては、やはり法律関係に長けた弁護士、あるいは金銭面のスペシャリストの公認会計士などが思い浮かびますが、ぜひ視野に入れていただきたいのが税理士という存在です。何より税金関連の専門家であり、多くの税理士が相続関連の相談や問題解決に尽力しており、その経験値も豊富です。更に税理士が有する他の専門家とのパイプを活用から、更に問題発生が懸念されるさまざま事柄に対し、各々の分野の専門家の助言や力添えを仰げるメリットも見過ごせません

相続問題は単に相続税の問題のみならず、財産分与に関する親族間のトラブルなど、問題が複雑に絡まり合い、連鎖的に表面化する傾向を有しています。仮に税理士の対応範疇を越えた問題へと状況が悪化した場合、税理士の人脈から弁護士を速やかに手配する事で、時間の経過と共に状況が悪化する展開の回避が叶います。全国各地の税理士は積極的に無料相談サービスを実施していますので、まずはこれらを活用から、より早い段階でファーストコンタクトを取っておかれる事をお薦めします。勿論既に状況が深刻さを増し始めている状況であれば、迷わず早急に、税理士への相談から力添えを仰ぐ姿勢が欠かせません。

参考HP〔相続相談室:ソレイユ〕


Comments are closed.