早期相談が必要な理由

早期相談が必要な理由

Pocket

相続問題で困った経験をお持ちの、多くの方々が声を揃えて語られる共通点として、「よもや自分達に相続問題が降りかかって来るとは夢にも思わなかった」「他人事だと決めてかかって無関心だった」などが挙げられます。普段は良好な関係をごく自然に保ち続けていた親族間が、突然ギクシャクし始めたかと思えば、次第に骨肉の争い的な状況へと一気に加速して行く中、ただただ呆然とするばかりだった経験談は、時に生々しさが否めません。

こうした方々が反省点として語られるのが、少しでも早く然るべき専門家に相談すべきだったとの後悔です。あくまで自分達だけで解決しようと足掻き続けた結果、互いの感情面ばかりが悪化してしまい、結果解決への扉から離れて行くばかりだった反省の弁を、私達はスルーしてはなりません。相続問題は誰の身にも生じる可能性に満ちた命題であり、早い段階から自身を取り巻く環境を正しく把握から、さまざまなシミュレーション作業を通じ、然るべき第三者に相談から対応策を講じておく姿勢が求められます。自分達の限られた知識だけでは、十分な対処が望めぬ可能性が大きな問題、それが相続問題であり、誤った情報を収集からの誤対応の結果、更に状況を複雑にしてしまうリスクも無視出来ません。


Comments are closed.